【公式通販】スパリブ|SUPALIV|トゥエンディ|Twendee  SUPALIV スパリブ・Twendee トゥエンディ公式通販

よくあるご質問 FAQ

Twendeeに関するご質問
  • Twendeeとは何ですか?

    トゥエンディ(Twendee)は、エイジングケアで健康と美容をサポートする、栄養機能食品(ビタミンC)です。栄養機能食品(ビタミンC)は、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
    Twendeeページはこちら

  • Twendeeの成分について

    トゥエンディに含まれている成分は、コエンザイムQ10、ビタミンC、L-グルタミン、L-シスチン、結晶セルロース、HPC、ステアリン酸マグネシウム、フマル酸、コハク酸、微粒二酸化ケイ素、安定剤(カルボキシメチルセルロースカルシウム)、ビタミンB2、ナイアシン です。
    皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素を含む栄養機能食品です。

  • Twendeeはどんな人におすすめですか?

    胃内に食べ物が全くない状態で飲んでいただくことをお薦めします。

  • いつ飲むのがオススメですか?

    朝すっきりと目覚めたい方、肌にハリや潤いを感じたい方など、元気に毎日を過ごしながらエイジングケアを行いたい方へおすすめしています。

  • Twendeeの飲み方を教えてください。

    1回当たりの使用量の目安は、体重15kg〜20kgあたり1粒です。毎日決まった時間に水またはお湯でお召し上がりください。粒が大きくて飲めない方は、割っていただいても効果に問題はありません。

  • おすすめの飲み方はありますか?

    朝の空腹時にお飲みいただくことをおすすめしています。

  • 他のサプリメントと併用してもいいですか?

    特に問題はありませんが、抗酸化作用のある他のサプリメントと併用すると効果が薄れる場合がありますのでご注意下さい。Twendee Xは単独で究極の抗酸化作用があるので他の抗酸化サプリメントを飲む必要はありません。

  • 起床直後にTwendeeを飲み、30分は食事しないのが効果的と聞きました。私は、起床後、コーヒーを飲むのですが習慣ですが、Twendeeを飲んで直ぐのコーヒーは効果に影響しますか?

    Twendeeの効果に影響があるのはタンパク質ですが、コーヒー200mlに含まれるタンパク質量は0.4グラムですので、ほとんど影響は無いと思われます。野菜ジュースや果物ジュースには多くのタンパク質が含まれていますので、Twendeeの効果が下がりますのでご注意下さい。

  • 現在闘病中で薬をを飲んでいますが、Twendee Xを飲んでも問題はないですか?

    Twendee Xは摂取しすぎると副作用のでてくる可能性がある脂溶性ビタミン(ビタミンAとその前駆体のベータカロチン、ビタミンE)を含んでいません。
    また飲んでいただく量も体重15kg〜20kgあたり1粒=有効成分量で13.3mg/kgとごく少量です。薬と併用して飲んでいただいても大丈夫です。
    第三者機関である株式会社イナリサーチ(ジャスダック上場)に5種類の安全性試験を依頼しており、全ての検査で安全であると証明されています。

  • TwendeeXを空腹時に飲むのがいいのは何故ですか?

    開発研究のときに他のアミノ酸を添加した実験を行いました。添加したら効果が下がってしまいました。
    つまり、胃に食べ物がある状態ではTwendee Xの効果が100%発揮出来ないと言うことになります。
    Twendee Xは水のみで飲んで下さい。ジュース類と一緒に飲むと効果が発揮出来ません。

  • Twendeeは飲んでどれぐらいで実感が出る方が多いのですか?

    早い方ですと飲み始めてから3日目で実感される方がいます。ほとんどの方が1週間前後、遅くても1ヶ月前後には実感されるようです。

  • 放射能検査は行っていますか?

    行っております。SUPALIV及びTwendeeのどちらの商品でも放射能は確認されておりません。

  • Twendee Xは、ドラッグストアなどの店舗で販売されてますか?

    現在は公式オンラインショップのみとなります。Twendee Xの店舗販売は今後始まる予定です。

  • 酸化ストレス・抗酸化ってなんですか?

    洗濯や台所で使うハイターなどの漂白剤をご存じですね。
    ハイターの原料を見ると「過酸化水素」と書いてあります。酸化する(からだが錆びる)ってわかりやすく言うと体の中にハイター成分が増えてしまうと言うことです。
    私たちの体内では大気中の酸素を利用して体を動かすエネルギーを作り出します。この時に副産物として「活性酸素種(ROS)」も作り出してしまいます。ROSの中でも血液中で簡単に測定出来るのが過酸化水素です。
    ROSはそれ以外にも紫外線や放射線・ウィルス・大気汚染等の外的因子、喫煙や大量の飲酒など生活習慣によって作り出されますがこのROSが多すぎると私たちの体は「錆びついて」しまいます。
    つまり老化したり、病気になったりすることです。ただ実は私たちの体にはこの増えすぎたROSを消し去る力「抗酸化力」が備わっています。
    ROSが増えても直ちに上記のような疾患が起きないのは、この「抗酸化力」のおかげです。
    ところが、ROSの発生が「抗酸化力」を超えると、ROSによる障害を体が抑えきれなくなり、私たちの体内は錆びていくのです。この不均衡状態を「酸化ストレス」といいます。
    加齢共に私たちの抗酸化力は低下していきます。長くきれいに健康的に生きるためには酸化ストレスの上昇を抑えること、すなわちROSを抑えたり、自身の抗酸化力を高めることが重要です。

  • 30代の時と食事や運動量など生活はそれほど変わっていないのに、40歳を超えて最近とたんに太りはじめました。どうしてですか?

    ヒトは生まれた時が最も酸化ストレスが低い状態です。そして、20歳代までは酸化ストレスを打ち消す還元力は強いのですが、その後還元力が徐々に下がってくるので酸化ストレスが上がってきます。
    個人差もかなりあるのですが、あなたの場合、40歳以降還元力が下がっている可能性があります。現在の栄養学では食事の60%を糖質、20%を脂質、20%をタンパク質から摂るのが良いバランスと言っていますが根拠はありません。
    人類は700万年の歴史の中で699万年の間は糖質をほとんど食べていなかったのですね。そして糖質を食べるとエネルギーを作り出すミトコンドリアがATP合成をサボるので余った酸素から酸化ストレスが上昇します(この理論は元東大教授局博一博士から教えて頂きました。)。
    今までと同じ食事では健康に良くありません。ですから食事の60%を脂質から、30%をタンパク質から、10%を糖質から摂るように変更してください。
    低糖質(低炭水化物)ダイエットの本を参考にしてください。これを行うだけで酸化ストレスは下がりますし、体重も減ってくるはずです。もちろんTwendee Xを飲んで食事だけでは対応できない代謝を上げることも体重低下につながります。

  • 抗酸化サプリメントは病気を促進すると聞いたことがあるが大丈夫ですか?

    抗酸化サプリメントでは病気が促進すると報告されているものがあります。
    それは脂溶性ビタミンのビタミンA(前駆体のベータカロチンも同じ)やビタミンEです。
    脂溶性ビタミンは大量に摂ると体に蓄積し副作用が出ることが明らかになっていますので病気でなくとも避けるべきでしょう。
    Twendee Xには脂溶性ビタミンは含まれていませんので、副作用や病気の促進はありません。

  • サプリを飲む以外に効果的なエイジングケアをおしえてください。

    1番目は食事です。酸化ストレスが上がると老化の原因となりますので酸化ストレスを下げる食事を摂りましょう。
    具体的には肉類を減らして野菜果物をたくさん摂取し、血糖値が上がりやすい炭水化物を減らすことです。
    2番目は運動です。体を動かすことはとても重要です。他にもいろいろありますが具体的な方法は以下の本を参考にして下さい。

  • シワやたるみはどうして起きますか?

    紫外線が肌の美容の天敵であることはよく知られています。紫外線に長い期間さらされると、肌の奥深くまで傷ついて形がいびつになってしまいます。
    活性酸素は肌のハリと弾力を保持するコラーゲン、エスラチンを変質させます。紫外線に代表される外部からの刺激による活性酸素と、体の中でおこる活性酸素のダブルパンチによって苦しめられた皮膚はシワやたるみとなって現れます。
    紫外線に当たり続けると発生する活性酸素により、肌のシワが増加し、同時に肌の抗酸化物質が減少します(酸化的ストレスによる皮膚老化と抗酸化防御系 浦野四郎より)。
    紫外線をあてるマウスに抗酸化物質を塗布すると、おなじ紫外線にあたってもシワができにくくなるという実験結果が出ています。

  • ニキビはどうしてなりますか?

    皮膚は常に、皮膚の皮脂腺から脂が分泌されます。この「皮脂」が皮膚をコーティングし、皮膚を守っています。また、同じく皮膚には微生物「アクネ菌」がいて、彼らもまた皮膚を守ってくれています。
    ところが、毛穴に皮脂が詰まってしまうことがあります。これを放っておくとこの皮脂が酸化し、「過酸化脂質」となります。
    この過酸化脂質がきっかけになり、アクネ菌の異常繁殖が起こるのが、ニキビの引き金です。アクネ菌による異常繁殖は、3年〜5年続くこともあります。
    体の抗酸化力を高め、皮膚の炎症を防ぐことが、ニキビ予防の一助となります。

  • 酵素って何ですか?

    ヒトの体の中では様々な化学反応が起こります。その化学反応を起こす火種となるのが酵素です。あらゆる生物には数多くの種類の酵素が備わっており、酵素がきっかけとなって生きるのに必要な化学反応が起こるのです。
    酵素の中には、抗酸化作用の働きをもつものもあります。その代表例として、次のものが存在します。
    ・SOD(スーパーオキシド・ディムスターゼ)
    ・カタラーゼ
    ・グルタチオンペルオキシダーゼ
    ただし、最も危険な活性酸素であるヒドロキシルラジカルや一重項酸素を無毒化できる酵素は知られていません。
    これらはビタミンCなどの栄養素が無毒化できます。酵素と食事の栄養でうまく抗酸化の連携をとりたいですね。

  • アンチエイジングに「コエンザイムQ10」が効くと聞いたのですが本当ですか?

    体に必要なエネルギーを作り出しているのは細胞の中にあるミトコンドリアという器官です。
    コエンザイムQ10はこのミトコンドリアに存在し、細胞がエネルギーを作り出す手助けをすると同時に自身が体の中で作られた活性酸素種を捕らえて消し去る働きがあります。
    エネルギーは酸素を使って作り出されますので、当然老化や病気の原因となる活性酸素種を多く放出します。ミトコンドリアは全ての細胞内に存在していますので、産生された活性酸素種を消し去らないと細胞そのものが酸化ストレスによって劣化し、最終的には肌や各臓器の衰えが起きることになります。
    コエンザイムQ10は年齢と共に減少していきます。サプリメントとして補給することでアンチエイジングになるのは確かです。

  • 皮膚のターンオーバーってなんですか?

    古い細胞と新しい細胞が入れ替わる、つまり表皮の生まれ変わりを皮膚のターンオーバーと言います。奥の方から新しい細胞が上へと押し上げることで古い細胞は垢となって取り除かれ、肌表面は常に正常な状態に保つ役割をしています。
    この肌の生まれ変わりに要する時間は28日だと言われていますが、年齢を重ねることで遅い場合は6週間かかることもあります。これはいわゆる細胞そのものが酸化ストレスによってダメージを受け、細胞そのものの働きが悪くなってしまうことによって起こります。
    せっかく生まれてきた新しい細胞が不揃いだと、肌もきれいになりませんよね。ですから皮膚のターンオーバーを正常に働かせるには、酸化ストレス対策も必要なのです。

  • 断食が健康に良いって本当ですか。

    量に関係なく食べ物を摂取すると私たちの体にある内臓は、その養分を消化吸収しようと一生懸命働きます。
    特に現代人は身の周りに沢山の食べ物があふれていますので、いつどんな時でもお腹がすけば食べることができますね。常に食べ物が体に入れば当然内臓は常に働き休むことができません。
    内臓が働くほどエネルギーも必要になってきますから、当然酸化ストレスもあがってきます。こうやって考えますと、ある一定期間断食をするということは、内臓を休ませ本来の状態に戻してあげることが出来ますので、そういったことから健康に良いと言われています。
    しかし健康に良いからと言って一週間以上続ける方がいますが、やり過ぎは危険です。4、5日程度の継続が理想でしょう。

  • エイジングケアと睡眠について教えて下さい。

    私たちの体には様々な機能が備わっていますが、朝型、夜型人間という言葉があるように、体が持つ様々な機能にも得意とする時間帯があります。
    一般的に睡眠に入る時間帯(22時以降)になると、体の中では私たちの元となる細胞の修復に働く「成長ホルモン」というホルモンが分泌されます。
    最も多く分泌されると言われる時間帯は22時から翌日の2時です。あえてこの時間帯に分泌されるのですから、睡眠時である方が細胞修復には都合が良いということがわかりますね。
    傷ついた細胞の修復がされないと、当然ながら細胞の機能は衰え、臓器いえ体そのものの衰えも早くなります。この細胞が衰える最大の原因はやはり酸化ストレスです。
    このことから衰えをケアするエイジングケア、より効率よくするためにも睡眠は重要であると言えます。またこの逆で、酸化ストレスが体内時計を狂わせることで睡眠障害が起こるとも言われています。
    体内時計の朝と夜の切り替えは酸化ストレスによって機能することが出来なくなります。
    そうなると睡眠するはずの時間帯に体の機能が睡眠モードに入れず睡眠障害が生じてしますと言うことですね。ですから常日頃から体内の酸化ストレスケアも行うと良いでしょう。

  • 日焼けとエイジングケアの関係について教えて下さい

    皮膚は身体の最も外側に存在するいわば最も大きな臓器。紫外線や細菌、汚染などから身を守ってくれています。
    そのためどの臓器よりも外的有害物から受ける酸化ストレス(1)は多く、代表的なのがやはり紫外線による日焼けです。大気中には酸素が存在しますので、紫外線が照射されると皮膚上でそれと反応し、多くの活性酸素種が誕生し皮膚の細胞を劣化させます。
    劣化の第一歩が紫外線による皮膚の赤み、つまり炎症です。これを放置し、更に無防備に紫外線下にさらされると、細胞の劣化は加速し、シミやシワ、皮膚がん等に進んでいくことになります。
    ですので、直接紫外線を受けても劣化を防ぐためにUVケアや体内の酸化ストレス(1)を減らす体内抗酸化力をあげるといったエイジングケアは必要になります。

  • 酸化ストレスと薄毛は関係があるのでしょうか?

    髪の毛が黒いのは血液の流れがあるからです。もちろん髪の毛の血流が少なくなると充分な栄養が行き渡りませんから細くなり薄毛の原因となります。
    血流障害の最大の原因は酸化ストレスです。酸化ストレスを低減するためにTwendee Xを飲むことと、食事を低糖質食に変えてください。1-2ヶ月で効果が出てくる方が多いです。

  • 更年期障害ってなんですか?

    40〜50歳くらいに現れる、卵巣機能の低下による女性ホルモン(エストロゲン)の不足でおこる症候群です。男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)の低下により起こります。
    主な症状は女性の場合、自律神経失調症、ヒステリーや情緒不安定等。
    男性の場合はED、抑うつ、睡眠障害、集中力低下など。
    女性ホルモンであるエストロゲンは卵巣から作られ、卵巣排卵制御、脂質代謝制御、動脈硬化抑制など様々な役目を果たします。また、エストロゲンには、強い抗酸化作用があります。
    エストロゲンが加齢や悪い生活習慣等で低下すれば、活性酸素を減らしにくくなり、結果的に酸化ストレス状態に陥ります。
    こうなると、上記のような症状がおこってしまうのです。

  • 的はずれな質問であれば申し訳ないですが、加齢による体臭、いわゆる加齢臭に悩んでいます。妻から指摘されてから、会社や通勤時などに非常に気になっています、抗酸化と加齢臭の関係はわかっているのでしょうか?

    とんでもない。的外れどころか、ど真ん中の質問でうれしいです。独特な臭いの加齢臭の元はノネラールというニオイ成分です。
    ノネラールは皮脂腺から分泌される脂肪酸が過酸化脂質によって酸化することで作られると言われています。過酸化脂質は酸化ストレスから生まれますから、Twendee Xを試してください。
    飲み始めて2週間程度で体臭が消えたという報告をいただいています。

  • 糖尿病ってどうしてなりますか?

    血糖値を下げろ!血糖値を下げろ!巷でよく言われる言葉ですね。
    人は食事をすると、食事に含まれる糖分が血液に流れます。そうなると当然、血液中の糖分の量が増えますね。これが「血糖」です。血糖の量を数値化した値が血糖値です。
    そもそも糖尿病とは「血糖値が常に通常より高い状態が続いていること」です。食事をすると血糖値があがりますが、通常は「膵臓」という臓器が作る「インスリン」が血糖値をもとに戻してくれます。
    ところが、食べ過ぎなどの悪い生活習慣、遺伝などが原因でインスリンの分泌量が減ることがあります。こうなると上昇した血糖値を下げられません。
    インスリンが減った状態が長く続けば、そのぶん血糖値が高い状態も続いてしまうのです(=糖尿病) ではこのインスリンはなぜ減ってしまうのか。それには活性酸素が深くかかわります。
    体の活性酸素が増えると体中が傷つきますが、膵臓も例外ではありません。膵臓が傷ついて、インスリンがでにくくなると血糖値があがります。さらに悪いことに、血液中の糖分自体も活性酸素を生み出します。
    膵臓が傷ついてインスリンが出ず、増え続ける血糖がさらに活性酸素を生み出しさらに体を傷つける・・・という悪循環になってしまうのです。

  • 生活習慣病ってどうしてなりますか?

    生活習慣病の例はガン、脳血管疾患、心疾患、糖尿病、高血圧、肥満、アルコール性肝疾患、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病・・・。
    挙げだすときりがありませんが、共通点は、これらは全て酸化ストレスが深く関与していることです。
    どの疾患も、活性酸素が増えて酸化ストレス状態に陥ることで発症・増悪することがわかっています。
    そして、暴飲暴食や喫煙・過度の飲酒等の悪い生活習慣は活性酸素を多く生み出します。
    いずれも、酸化ストレスを下げることにより疾患の予防が見込めることが分かっています。
    食習慣や運動習慣を見直し、活性酸素を発生させる喫煙、過度の飲酒、ストレスを控えるとよいでしょう。

  • パーキンソン病ってなぜなるんですか?

    パーキンソン病は、脳の黒質と呼ばれる部分が変質することでおこる神経疾患です。
    その原因は遺伝的要因、環境的要因など多岐にわたると考えられますが、未だにはっきりとは分からないのが実情です。
    この黒質は酸化ストレスに弱い部位なのです。酸化ストレス状態になってしまうと簡単に神経細胞が死んでしまい、パーキンソン病が誘発されてしまう原因の一つだと考えられています。

  • サプリメントを水で飲んだ方がいい理由はありますか?

    お水以外の飲料には様々な成分が入っています。その成分によっては、サプリメントと一緒に飲むことで本来のサプリメントの吸収の妨げになる、あるいはその逆で過剰に摂ってしまう場合があります。
    ですので、そういった問題をなくすためにも何も含まれないお水で飲んだ方が良いということになります。

  • ストレスで体内のビタミンCが減ってしまうって本当ですか?

    ストレスを感じると、知らぬ間に体調が悪くなっていたり気分が落ち着かなかったり、そしてよく分からない行動をしたりすることがありますね。
    外から何かしらの見えない圧力が加わり、身体に歪みが生じてしまった状態、これがいわゆる皆さんがよく耳にするストレスです。
    私たちは悪い状態から何とか抜け出そうと行動するように、身体も正常な状態が保てなくなると常に正常に戻そうとする機能が備わっています。
    ビタミンCはストレスの負担を軽減するホルモンを作り出す時に多く使われるのです。人間の身体は食物からビタミンCを摂る他、体の中では造られません。
    正常な機能を取り戻すためにはビタミンCの働きが不可欠ですので、適度に補っていかないとビタミンCはどんどん使われ、その分減ってしまうのです。

  • サプリメントは体内で吸収できないから摂っても意味がないって聞いたんですが本当ですか?

    ストレスを感じると、知らぬ間に体調が悪くなっていたり気分が落ち着かなかったり、そしてよく分からない行動をしたりすることがありますね。
    どんな物でも、やはり体内に入れば少なからず吸収されます。サプリメントとは本来通常の食事で不足した栄養分を補うものであり、逆に全てをサプリメントから補うことは出来ません。
    やはり全ての栄養素をバランス良く3食から摂ることが理想ですが、なかなかそうはいかないのが現状です。
    身体にとってどんな物がどのくらい必要なのか、そしてどの商品を使用するかを良く見極めてサプリメントを効果的に使うといいでしょう。

  • 私は人間ドックを毎年行っていますが、抗酸化力を測定した経験がありません。抗酸化力測定は一般的なものなのでしょうか?

    血液中の過酸化水素を測定出来るd-ROMs testという検査があります。
    また、抗酸化力を測定出来るBAPテストがあります。酸化ストレスレベルを測定するのに簡便な方法です。欧米・韓国ではすでに体外診断薬として認定されていて、ドック検査でも測定されています。
    しかし日本では一部のクリニックや研究所でしか測定していません。もっと一般的に測定出来るようにしてくださいと、機器を販売しているウイスマー社に頼んでいるところです。