5年モノ、10年モノ・・・ワインは寝かせるほどおいしくなるの?

最近の投稿

More

1

年代物のワインは高級品と知られ、ヴィンテージとして高値で取り引きされています。

では、普段飲んでいるようなカジュアルなワインも、何年も置いておけばどんどんおいしくなるのか?

そのこたえをご説明します。

一般的なワインは、寝かせず飲むのがベター

2

ワインのタイプは様々です。

産地や製法、ブドウの種類などその背景により、「すぐ飲んだ方がよいもの」「寝かせた方がよいもの」はいろいろあります。

一般的に販売されているワインは、ヴィンテージなどをうたっているものを除けば、熟成を想定して作られていません。

購入した時点でおいしく飲める「飲み頃」状態で販売されているので、すぐ飲むのがベター。

安心して楽しみましょう。

飲んでみて「ちょっと酸味が強いかな?」などと感じて味を変えたい場合は、赤ワインのデキャンタなどを使用して空気に触れさせ、風味を開かせてあげるのもおすすめです。

寝かせておいても腐らないの?ワインの賞味期限は?

3

ワインは、瓶詰をした後も熟成が進むという特性と、保存状態によって品質が大きく左右されることから、厳密な「賞味期限」はないとされています。食品衛生法上でも、問題なくこの認識で通っています。

保存しておく場合は、高温多湿を避けるのはもちろんのこと、温度変化が少なく暗い場所を選びましょう。コルクが濡れた状態を保つため、横にして置いておくこともポイント。

ただし、開封済みの場合は、酸化により風味がどんどん劣化してしまうため、早めに飲みきりましょう。飲みきれない場合は、料理に使うのもおすすめです。

とはいえ、一般的に販売されているワインは自宅での長期熟成を想定して作られているわけではありません。購入後未開封でも、白ワインは1、2年、赤ワインは2、3年以内には飲むようにしましょう。

よく読まれている記事