お酒の負担を最小限に!肝臓によいおつまみとは?

最近の投稿

More

1

ついつい飲みすぎてしまいがちなお酒の席。

健康のために、出来るだけ体によい食べ物と一緒に楽しみたいものですね。

肝臓の負担を和らげるおつまみをご紹介します。

肝臓のために、こんなおつまみを選びましょう

2

・ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類

ビタミンが豊富なため、肝機能の低下を防ぎます。

・枝豆や豆腐などの豆類

ビタミンと良質なたんぱく質が、肝臓のダメージを修復し、再生を助けます。

・牡蠣やホタテなどの貝類

タウリンが、肝機能を向上させます。マグロやイカ、タコにも多く含まれます。

・サラダやバーニャカウダなどの野菜類

アルコール分解に必要なビタミン、また、食物繊維が多く含まれます。

・山芋やオクラなどのネバネバ類

ネバネバのもとであるムチンが、肝臓を保護します。

 

いかがですか?比較的、おつまみでよく目にするものが多いため摂りやすいですよね。

ただ、いくら肝臓に良いからといって、これらだけ偏った食事は禁物。

栄養バランスを考え、様々なものと合わせて万遍なく食べるようにしましょう。

おつまみ以外で気を付けたいポイントは

3

おつまみで肝臓のはたらきを一部助けることはできますが、他にも気を付けたいポイントがいくつかあります。

まずは、飲むスピードです。

特に暑い夏などは、のどの渇きもあってお酒がどんどん進みがちです。しかし、そうした飲み方は血中のアルコール濃度を急激に上げてしまい、肝臓にとって大きな負担となります。

一口飲んだら一息つく、水と交互に飲むなど、ゆっくりと飲み進めるようにしましょう。

次に、飲むタイミングです。

空腹時の飲酒は、肝臓だけでなく胃腸にも大きなダメージを与えます。最初に出されたお通しなど少しでもいいので、何かお腹に入れてから飲むようにしましょう。

お酒は楽しくほどほどに。

体の調子を見ながら、無理のない飲み方を心がけましょう。

よく読まれている記事