【お酒の雑学】酒酔い防止法

最近の投稿

More

お酒の節度に関する法律があるのを知っていましたか?
「酒酔い防止法(酒によって公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律)」という法律があります。
過度の飲酒が個人や社会に及ぼす危害を防ぐために、昭和36年に施行されたようです。
その第2条には「すべて国民は、飲酒を強要するなどの悪習を排除し、飲酒についての節度を保つように努めなければならない」と規定されています。当然のことですが、節度ある飲酒は法律で定められているのですね。

 

 

 

 

日本の法律は、節度ある飲酒を規定しています。その規定が守られない時、場合によっては警察官が出てくることになります。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく読まれている記事