女子会での深酒はダメ?お酒が女性の体に与える影響とは

最近の投稿

More

1

楽しいおしゃべりに花が咲いて、ついつい飲みすぎてしまいがちな女子会。

ただ、飲酒による女性の体への影響も心配です。気を付けたいポイントをご紹介します。

女性の体はお酒に弱い?

2

一般的に、男性より女性の方がお酒に弱いと言われています。

まず理由としては、アルコールの分解能力がそもそも男性よりも低いためです。

それに伴い、女性の方が、肝臓の病気である「肝硬変」の発生確率が高いという数値も発表されています。

次に、体脂肪率の差です。

女性の方が、脂肪が多く水分量が少ないために血中のアルコール度数が上がりやすい、つまり酔いがまわりやすいと考えられます。

さらに、ホルモンの違いです。

月経などにより女性特有のホルモンが分泌されますが、エストロゲンと言われる女性ホルモンは、アルコール分解を遅くしてしまう作用があります。

そのため、月経前などはなかなかアルコールが抜けない状態になりやすいのです。

以上のことから、「私はお酒に強いタイプだから大丈夫!」と思っている方も、体内では大きくダメージを受けている可能性があります。

体にできるだけ負担をかけないよう、お酒は適量を心がけましょう。

お酒による女性の病気のリスクとは?

3

多量の飲酒は、肝機能障害などはもちろんのこと、女性特有の病気(乳がんなど)の発症リスクを増加させるほか、骨密度の減少から起こる骨粗しょう症の原因にもなります。

そのため、女性の飲酒量は一般的に、男性の半分から2/3くらいにするのが安全とも言われています。

さらに、妊娠の可能性がある方は特に注意が必要です。

お腹にいる赤ちゃんも、小さな未成年です。アルコールにより、生まれてくる赤ちゃんに体重の減少・顔面などの奇形・脳の障害などさまざまな悪影響を及ぼす可能性があり、非常に危険です。

「ちょっとだけなら・・・」などと考えず、妊娠中の方はもちろん、授乳中のお母さんも飲酒は必ず控えましょう。

よく読まれている記事