何時間でお酒は抜ける?アルコール分解の仕組みとは

最近の投稿

More

1

たくさんお酒をのんだ翌日、「一刻も早く治したい!」「あと何時間我慢すればいいの?」と、二日酔いに悩まされたことがある人も多いのでは。

アルコールはどのくらい経てば処理されるのか、アルコール分解の仕組みをご紹介します。

アルコール分解の流れ

2

アルコール分解の流れを簡単にご説明します。

まず、摂取したアルコールは肝臓に運ばれ、「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。ただ、このアセトアルデヒドは有害物質であるため、吐き気や頭痛など二日酔いの原因となるつらい症状を引き起こします。

次にこの有害物質アセトアルデヒドが、代謝酵素等のはたらきで無害である「酢酸(アセテート)」に分解されます。酢酸は血液で体内を巡り、最終的には尿や汗とともに体外に排出されます。

また、多量飲酒により肝臓で分解されなかったアルコールは、血液によりもう一度肝臓に運ばれ、再び分解が始まります。

アルコールを飲むと、以上のような流れでアルコールを分解・排出しているのです。

何時間待てば酔いはさめるの?

3

一般的に、男性(体重約60~70kg)の場合、ビール350mlに含まれるアルコールが完全に抜けるまでには、約2~3時間かかると言われています。

つまり、人のアルコール処理能力は1時間にアルコール量約5g(ビール中びん約1/4本、ウイスキーダブル約1/4杯)とされているものの、代謝時間には個人差があるため、何時間経過すれば必ずアルコールが抜ける、ということは一概には言えません。

また、同量のアルコールを飲んでも、体の小さい人、つまり血液が少ない人ほど血中アルコール濃度は高くなるため、酔いやすい傾向にあります。さらには、年齢やその日の体調にも左右されるため、油断はできず注意が必要です。

「友人と同じ量を飲んだはずなのに、自分だけ二日酔い・・・」ということもあると思いますが、アルコール代謝能力は人それぞれ。

無理のない程度に、自分に合った飲み方で楽しみましょう。

よく読まれている記事