アンチエイジングの秘訣は"加湿"にあった?!乾燥対策のポイントとは

最近の投稿

More

アンチエイジング加湿1年齢を感じさせない美しさで知られている某有名女優さんの「リビングや寝室、仕事場だけでなく、移動時も加湿器は欠かせない」という言葉がかつて話題になったように、美容・アンチエイジングにおいて「乾燥対策」はとても重要です。

改めて知っておきたいポイントについて、簡単に解説します。

■お肌に最適な湿度とは?

アンチエイジング加湿2季節の変わり目や秋冬などは、お肌が特に乾燥しがちですよね。

保湿力の高いアイテムでスキンケアをしておけば大丈夫、と思っていませんか?

スキンケアだけでなく改めて意識したいのが、空気中の湿度です。

乾燥した空間にいるとお肌の水分はどんどん奪われてしまうため、「生活環境の湿度が適切かどうか」という点は非常に重要になってきます。

お肌の乾燥は、カサつきや炎症などのトラブルだけでなく、しわやたるみなどのエイジング症状をも引き起こす、いわば美肌の大敵。

リビングや寝室、オフィスなど、日頃過ごしている場所には加湿器や湿度計を置くなどして、適切な湿度を保つよう心がけましょう。

では、理想的な湿度は何%なのでしょうか?

実は、50%~60%前後と言われています。

「え、そんなに高いの!」と思われる方も多いかもしれませんが、これ以上低いと肌の乾燥だけではなく、のどや鼻などの不快な症状を引き起こしたり、風邪などのウイルス感染がしやすくなったりする可能性が。

美容だけでなく健康を保つためにも、今一度「湿度」を見直していきましょう。

■加湿器がない!そんな時の応急処置アイテムは?

アンチエイジング加湿3加湿には加湿器がもちろん最適ではありますが、すぐに用意できない場合は他のアイテムを代用してみましょう。

・濡らしたタオルをハンガーにかけて干しておく

室内の乾燥対策には「洗濯物の部屋干し」も効果的なのですが、洗濯のタイミングではない場合などは濡れたタオルで代用しましょう。

大き目のバスタオルを水で濡らしてから絞り、窓際やドアの近くなど通気性の良い場所に吊るしておきましょう。

・ボウルやコップなどに水を溜めて置いておく

水ではなくお湯にすると、さらに加湿効果があります。ただし、こぼさないように注意!

・入浴後はお風呂場のドアをしばらく開けておく

お風呂の蒸気が外に流れていくため、お部屋の湿度上昇に繋がります。

・観葉植物を置く

植物は根から吸い上げた水分を歯から放出するため、若干の加湿効果が見込まれます。

よく読まれている記事