日焼け止めを塗るだけじゃない!驚きの”食べる”紫外線対策とは

最近の投稿

More

1

「日焼け止めをしっかり塗らなきゃ!」「さらに念のため日傘とサングラスを!」

肌の露出を抑えることに意識が向きがちな紫外線対策ですが、実は体の中から対抗する方法もあるのです。

おいしく食べて、美しい白肌に。そのポイントと、効果的な食べ物をご紹介します。

美白に効果的な栄養素を摂ろう

2

日焼け止め、日傘、帽子、UVカットパーカー、サングラス・・・。

紫外線対策アイテムは様々ありますが、なかなか着目されていないポイントがあります。

それは、毎日の食べ物

有効な栄養素を摂れば、体の内側からも紫外線に対抗することが出来るのです。

普段行っている方法と合わせて、「食べる対策」も、今日から行っていきましょう!

紫外線対策には「ビタミンA,C,E

3

紫外線対策の栄養素としてぜひおすすめしたいのが、「ビタミンA,C,E」です。

その効果をご説明します。

・ビタミンA

肌や粘膜を保護し、乾燥や老化を防いで正常に保つ働きがあります。

・ビタミンC

シミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を予防する効果があるほか、既にあるシミなどにもアプローチしてくれる働きがあります。

・ビタミンE

「若返りのビタミン」とも呼ばれ、血管や肌、細胞の老化を防止する強い抗酸化作用を持っています。

どれも、肌を美しく保つには欠かせないものですよね。

では、こうした紫外線対策に有効な栄養素が多く含まれた食材は何なのでしょう。

それは「トマト」です。

2個程度食べれば、一日に必要なビタミンA,C,Eの半分以上を補える優れものです。

また、トマトに含まれるリコピンには、血糖値を下げたり代謝をアップさせたりというダイエット効果があり、まさに一石二鳥。

そのまま食べるもよし、ジュースで飲むのもよし。

トマトなら、毎日の食卓で気軽に取り入れられるのも嬉しいですね。

紫外線対策の一つとして、ぜひ試してみてくださいね!

よく読まれている記事